〜ネット通販の魔術師〜   杉本幸雄 Sugimoto, Yukio
sugimoto0332.jpgネット通販コンサルタント  昭和44年1月生まれ


小さな会社のビジネスモデルの仕組みを策定する事を得意としている。
 
【必ず儲かる鉄板公式】 売上=商品×(集客+接客)

 

を考案し、コンサルティング指導では、商品企画・集客活動・接客活動と最適な価格戦略とターゲッティングなどのマーケティングを総合的に指南する点が、他のwebコンサルタントや広告営業会社とは大きく異なる。
 
これまで、起業家に対するコンサルティング指導で、およそ110億円の売り上げ作りに関与し、中でも楽天市場では、総合1位、ダイエット1位、健康1位、コスメ1位、食品1位などの実績は度々。独自のドメインショップの売り上げを30倍にするなども。
 
コンサルティング指導を行った、83.6%のクライアントが、それぞれの目標を達成している(平成26年2月現在)。
 
事業を成功させるためには、知力 体力 資金力と、ど根性が絶対に必要だという考えを根本にコンサルティング指導に当たっている。
 
※ 現在、新規コンサル指導の受託は、ご紹介≠ェある場合のみとさせて頂いております。

 

 
 

本の購入 (下記のネット書店の他、全国の有名書店でも取扱いを行っています)

【稼ぐネットショップの人材要件】現時点でのPCスキルではありません。むしろ○○です。ネット通販の魔術師LLC杉本幸雄

これも、よくクライアントの社長からお受けする相談です。



「ネットショップでは、どんな人材を選んだらよいか?」




間違いは

・PCが使える


です。




もちろん、使えないよりは操作に達者な方がいいですが、優先事項ではありません。


なぜなら、「作業」なら、バイトや外注に依頼しても良いからです。




正解は、

・一個でも多く売る事ばかりを「考えられる」人です。



テクニック面よりも、何をするか、やらないかの「戦略を考えられる」人が必要です。




言い換えると、いつもいつも「アンテナを張っている人」が良いでしょう。




「戦略」を考え、選択する人がいるなら、

あとは「実行部隊」です。



あなたのネットショップには、「何が足りないか、何はあるのか」の現状認識を適切に行えば、必要な人材の条件は、自ずと決まってくるはずです。









片手間では絶対成功しないネット販売、稼げるホームページ制作



片手間では絶対成功しないネット通販, ど根性で110億円売った魔術師が教える/金園社
 

 

 

 

www.ecommerce-magician.co.jp

 

 

ネット販売の極意 「お前、そんなんじゃ、何やっても成功しないぞ」  

ネットショップを大成功させるための「根幹」は、

PCスキルではありませんし、莫大な広告費を使えるかでもありません。




「人間力」あるいは「総合力」です。



ネットショップは、特異な分野でもないし、特別簡単でも難しくもありません。


対面販売と、相通じるところはたくさんあります。


営業や接客が苦手だから「ネット販売」というのなら、成功しないのは必至です。



マーケティングの知識や数字を読む力も、必要不可欠ですが、

結局のところ「人に買ってもらう」事には、完全無欠な方程式などありません。



大体は、上手くいかないものです。それは転換率やコンバージョン率が、3%とか0.01%という数字が実証しています。

しかし、ゼロ%ではないのだから、可能性があります。




「やり続ける」事は、知識やスキルではなくて、「意志」や「健康」「資金」がものを言います。




私は、これを「人間力」とか「総合力」と称しています。




プロ野球を引退した元選手を取り上げたテレビ番組を見ました。

ドラフト1位で入団したにもかかわらず、活躍できずに、移籍し、移籍先でも二軍でくすぶり、投げやりになっていた翌年、この選手は、解雇されました。




その時、「お前、その態度じゃ、何やっても成功しないぞ」と言われたそうです。



「明日は、今日よりも成長する」の考えで、

年商80億円の社長にまでなっている元プロ野球選手は、スチールエンジ株式会社の松谷竜二さんです。




ネットなら楽して儲かる



ネットは、難しくて怖い




そんなことはないので、適切な選択をして、前に進んでみて下さい。





片手間では絶対成功しないネットマーケティング戦略、儲かるホームページ制作



片手間では絶対成功しないネット通販, ど根性で110億円売った魔術師が教える/金園社

Eコマースベストセラー第2位、ギフト第3位、欲しいもの第4位「片手間では絶対成功しないネット通販」

発売開始が昨年5月10日頃、指を折ると9か月ほど経っています。


ずっと堅調に買われ続けています。

「片手間では絶対成功しないネット通販」金園社888円杉本幸雄


 



広告なし、書店営業なしで、ネットマーケティング戦略で、このあたりまでは出来ています。

アスメル創業者 作野裕樹さんと対談。CD化したらしいです。 ど根性で110億円売った魔術師が教える!ネット通販戦略!

【注意】インターネットビジネスが片手間で稼げるはずがありません。
真剣に成功したい方以外は、この先を読まないでください。

日本最大のオンラインショッピングモール楽天市場において、
ダイエット部門1位、健康部門1位、コスメ部門1位、食品部門1位、ワイン部門1位、消臭部門1位、
ペット用品部門3位、仏壇部門1位、総合1位。


総額 110億円 売った’’ネット通販の魔術師’’が教える、ネット販売戦略の全て。

あなたはまだ「秒速で...」「片手間で...」などという’’耳触りの良いウソ’’に、大切なお金をつぎ込み続けますか?

そろそろ地に足の着いた、真っ当なビジネスの話をしましょう...


しかに、
「秒速で...」

「片手間で...」

と書いた方が、売上は増えることでしょう。

「出来るだけ楽をして、簡単にお金を稼ぎたい...」

実際こういう人は、多いと思いますし、

あなたも、1度くらいはこんな風に考えたことがあるんじゃないでしょうか。


その上で、1つ質問させてください。

あなたの身近な人(家族や友人など)に1人でも、

「秒速で...」

「片手間で...」

「楽をして...」

成功し続けている人がいるでしょうか。


よくありがちな、「一発屋さん」の話ではありません。

堅実に、実直に、安定して稼ぎ続けている成功者

このような人物が、身近に1人でもいますか?

という質問です。

...多分いないでしょう。

 

 

こんな話が売れるんだ・・・

世の中、捨てたもんじゃないな。

 

【注文続々】アスメル創業者作野裕樹さんとネット通販の魔術師杉本幸雄の対談CD
http://heiseishachou.academy/kyozai/majutsusi/

《日本郵政セイジョウもネット通販》集英社は既に成功基調に(魔術師合同会社杉本幸雄)

ぉお、やっぱりですね。


物流業のネット通販参入。しかも、それなりに参入条件がある医薬品のネット販売。


物流倉庫業は
金融機関と同様に
ネット通販ビジネスには
なくてはならい不可欠な存在。


必ず必要な事業体が外注先ではなく、核心を担うと、強いですよね。


佐川急便やヤマト運輸が、ネット通販会社を買収したり、楽天市場やアマゾンが全国に満遍ない配送網を持つ、ヤマト運輸や佐川急便、日本郵政なんかをM&Aしたら、他のネットショップは勝てなくなるんだろうな。(独占禁止法的に可能かどうかは、どなたか教えて下さい。)


アマゾンの失敗は、主要商品が《本》であること。低利益額で価格設定も再販制度で自由ではないから、ベストセラー本を高価格にしたり出来ない。


集英社は
ファッション通販に参入するや20億円近い売上を作ったけど、本なら何冊売らなくちゃいけないんだろうか。

 

ネット通販ビジネスに異業種から参入するから、ネット通販コンサルタントの仕事は、ますます増える。

 

あなたは
ネット通販コンサルティング業務に
参入しませんか。

 


片手間では絶対に成功しないネットショップ、稼げるホームページ作成

Yahoo!ニュースにリンクされる【プレスリリースと稼げるホームページ作成】(ネット通販コンサル杉本幸雄)

直近では、昨年末になりますが

私のクライアントのプレスリリースをネタ元にしたマイナビの記事が

ヤフーニュースに掲載され、また関連サイトとして

そのクライアントのホームページもリンクされました。



ヤフーは、一日40億P.Vとも50億P.Vとも言われていますよね。

その0.001%にアクセスされたとしても、

中小企業にとっては、ありえない数です、しかも無料で。



無料と言っても、どこにも、何にも費用が発生しないという意味ではなくて、ヤフーに対しては、リンクを貼られても、ニュースのトピックに掲載されようと料金は発生しません。




どうしたら、確実にヤフーニュースに取り上げられるか、ですが、

そんな方法はありません。



しかし、可能性の作り方は、確実にあります。





ヤフーニュースは、ヤフーの記者が独自に取材したものではなくて、

何十か100を超える提携しているメディアなどのサイトに掲載された記事にリンクを貼って、独自のタイトルを付けて「ヤフーニュース、ヤフートピック」になっているそうなので、

ここに、あなたのネットショップにも可能性がありますね。




どうすれば、Yahoo!ニュースに取り上げられるかは、


・ヤフーが提携しているメディアのwebサイトに、あなたのショップのプレスリリースが掲載されるようにする



※取り上げられるかは、ヤフー様次第ですが、世に知らしめると

「面白い」「有益だ」が前提です。




そして、ニュースの記事下には「関連サイト」というコーナーがありますが、

じっくりと観察した事はありますか?



私はあります。




・関連サイトとして、あなたのホームページなどがリンクされるためには、

閲覧者にとって「情報収集の対象となっている」事が大事のようです。



売ろうとしているホームページや、ましてショッピングサイトが関連ページになる事は、稀です。


有益な情報提供をしているホームページを一つでも作成しておきましょう。

例えば「・・・・の方法」というテーマのWEBや、「・・・協会」という屋号で淡々と業界の当たり前な情報を整理している内容のホームページなんかも、関連サイトになりやすいと、私は観察しました。




【課題】今日のヤフーニュース「経済」で取り上げられているニュースが、

それぞれ元々どのメディアのサイトで掲載されているのか、

そして、関連サイトのリンクは、どんなものかを観察してみて。






片手間では絶対成功しないネットマーケティング、稼ぐホームページ作成





片手間では絶対成功しないネット通販, ど根性で110億円売った魔術師が教える/金園社
¥959
Amazon.co.jp
▲このページのトップに戻る